トップへ戻る

苦手な友人からの上手な誘いの断り方など

嫌いな友達からの誘いの断り方などについて

嫌いな友達から誘いを受けた時は、できれば誘いに乗る事なく断りたいと考えるけども上手く断る口実が浮かばなくて誘いについつい乗ってしまうのではないでしょうか。

 

私も急に誘いを受けた場合は、どうしても咄嗟に誘いを断る口実が浮かばなくていいよって感じで誘いに乗って後悔してしまった事があります。

 

そもそも嫌いな友人というのは、色々な理由があって仕方なく付き合ってしまってる人だと思いますがそのような苦手な友人とはプライベートで出来る限り1対1では会いたくないですよね。

 

嫌いになった理由としては沢山あるでしょうけども、そのような苦手な友人ってハッキリ言って友達やめた方がいい人なのではないでしょうか。

 

 

ちょっと話は脱線しましたけども、嫌いな友達から誘いを受けた場合に有効な誘いの断り方を考えだしました。

 

そしてそれらを実行したら結構有効である事がわかったのです。

 

それでは今回は私が考えた嫌いな友達からの誘いの断り方を紹介します。

 

 

職場の飲み会があると断る

会社の飲み会があると誘いを断る

 

嫌いな友達からの誘いの断り方の1つ目は、職場の飲み会があると断る事も有効です。

 

まあ嫌いな友人が同じ職場だったりする場合は、この手は使えませんけども同じ職場でなければ夕方や夜に誘いを受けた場合であっても職場の飲み会があると言えば諦めてくれるはずです。

 

やっぱり職場の飲み会は大事な付き合いだと言う事をその友人もしっかりと理解してくれるはずですので、食い下がってくる事はないのです。

 

まあ短い期間に何度もこの断り方をするとウソだとバレるので、この断り方をする時は誘いを受けた3~4回に1回程度にしときましょう。

 

 

今はお金がないからと断る

金欠だからと誘いを断る

 

嫌いな友達からの誘いの断り方の2つ目は、今はちょっとお金がないからと断る事です。

 

この場合だといつも割り勘で会う友達のみに使える方法ですけども、そのような友達が相手ならお金が今はないと言えばそれで納得してくれるはずです。

 

万が一、今回は奢るからって言い出した場合であっても「そういうのは申し訳ないし、人に奢ってもらうのは苦手だから」って言えばいいのです。

 

そのように言えばそれ以上は食い下がってくる事はないはずです。

 

これは当日の誘いや、後日に会う誘いのどっちでも使える断り方です。

 

 

残業があるからと断る

嫌いな友達からの誘いの断り方の3つ目は、残業があるからと断るのもオススメします。

 

これに関しても職場が同じだと使えませんけども、職場が嫌いな友人と違う場合だったらかなり使える断り文句です。

 

この場合は基本的には当日に誘いを受けた場合でのみ使える断り方です。

 

数日後の○日にに会わない?と誘いを受けた場合だと残業があるからって言うのはちょっと不自然になりますからね。

 

残業って大体は当日突然入る場合も多いでしょうし。

 

まあ会社によってはほぼ毎日残業があるところもありますけどね。

 

 

コンパがあるからと断る

嫌いな友達からの誘いの断り方の4つ目は、コンパがあるからと断るのも有効です。

 

コンパがあるからと断る場合だと当日に誘われても、数日後の○日に会わないと誘われてもどっちでも使える断り方ですし、割とすんなり諦めてくれるはずです。

 

でも過去にこの断り方を使ってみたら、嫌いな友達が「自分もコンパに参加したいなあって」って言い出したことがあります。

 

この時はどう逃れるか一瞬パニックになりましたけども、すぐに良い逃れ方が思いついて「もう定員が埋まってしまったんだよね。なので次回コンパがある時は誘うから」って言えば大体納得してくれるはずです。

 

 

習い事があるからと断る

嫌いな友達からの誘いの断り方の5つ目は、習い事がある日だからと断るのも一考です。

 

これに関しても当日の誘いや、先の誘いであってもどっちにも使える断り方です。

 

でもこの時に何の習い事をしてるの?って聞いてくる場合もあるのでそういう時にもしっかりとすぐに答えられるように回答を用意しときましょう。

 

何の習い事をしてるの?って聞かれた場合に無難なものを紹介します。

 

:英会話スクールに通っている。

 

:テニススクールに通っている。

 

:茶道教室に通っている。

 

:カラオケ教室に通っている。

 

この4つあたりが無難かと思います。

 

 

親と出かけるからと断る

嫌いな友達からの誘いの断り方の6つ目は、親と出かけるからと断る事です。

 

これに関しても当日の誘いや、先の誘いであってもどっちにも使える断り方です。

 

親との付き合いであれば、友達も一緒に連れてってなどと言い出す事はないでしょうし諦めてくれるはずです。

 

 

頻繁に誘ってきたら場合はどうする?

嫌いな友達からの誘いの断り方の7つ目は、誘いを色んな断り文句で断ってきたけどもそれでもめげずに誘ってくるような嫌いな友達もいます。

 

そうした場合だと上記で紹介したような断り文句をローテーションで使ったとしても、さすがに嫌いな友達からしたら自分を避けているのでは?って思われる可能性もあるわけです。

 

そうなるとどうしても角が立ってしまいますので、このような場合は、「今は忙しい時期なんで時間が出来たらこちらから誘うね」って言えばいいのです。

 

このように言えば大抵の人は、しばらくは誘ってこなくなります。

 

まあこのような断り方をしても、そのうちそのように言われた事を忘れてまた普通に誘ってくるかもしれませんけどね(笑)

 

そうなった場合でもまた再度「時間ができたらこちらから絶対誘うから」って言えばいいのではないでしょうか。

 

この断り方は、例えば○日空いてるとか?とか○曜日空いてる?って誘ってきて、その日は○○の予定があるから無理なんだよね~言っても今度は別の日や別の曜日を提案してきた場合の時でも有効なので使ってみてください。

 

 

まとめ

:当日誘いを受けた場合は、職場の飲み会があると言えば大体それで引き下がってくれる。

 

:嫌いな友達とはいつも割り勘で遊んでる場合でのみ、今はお金がないんだよねって言えば納得してくれる。

 

:残業があるから遊べないという断り方は、当日に誘われた場合に有効です。

 

:コンパがあるからと断るのも有効ですが、自分も参加したいと言い出す友人もいるのでその時は定員が埋まってしまったんだよねと言えば納得してくれる。

 

:習い事があるからと断るのも有効です。

 

この場合は何の習い事をしてるの?って聞かれる事も多いのですぐに答えられるように今習ってるウソの習い事を4つくらいは用意しておく。

 

:親と出かけるからと言えば、それ以上は食い下がってこないので有効な断り方です。

 

:誘いを断っても割と頻繁に誘ってくるような友人の場合は、「今は忙しい時期なんで時間が出来たらこちらから誘うね」って感じで言えばしばらくはあっちからは誘ってこなくなる。


【シェアする】