トップへ戻る

40代 独身男 一度も結婚してない理由

40代になっても一度も結婚してないことについて

今の日本は年々未婚率が高くなってるようですし、私のような40代であっても一度も結婚したことない人が男女ともに昔に比べたらかなり増えてるようです。

 

30代や40代や50代で一度も結婚してない人達が増えたと言っても人によってそうなってる理由は違うとは思います。

 

例えば結婚したいとは思ってるけども、理想を追い求めてしまって未だにそういう相手と出会えてない人だったり、理想は別に高くないわけでもないし一生懸命に婚活してるけども異性受けしない何かがあって結婚できない人や結婚自体一度もしたいと思ったことがなくて婚活自体もしたことない人や、以前は結婚したいと考えていたけども途中からそういう気持ちが無くなってしまった方など様々なのではないでしょうか。

 

 

この中で、今一番結婚しない理由の1つとして増えてるのは、結婚自体に興味がなくてしたいと思ったことがない人が年々増えてるようです。

 

私もまさにその1人であります。

 

では40代独身男である私が今まで一度も結婚してない理由などを説明します。

スポンサードリンク

 

 

結婚してしまえば面倒な状況になる事に若いうちから気付いてしまった

40代独身男である私は今まで一度も結婚自体を考えてないと前述しましたけども、結婚してしまえば大変な苦労が待っているんだろうなあって事に20代くらいの頃から気付いてしまったんです。

 

30代になってその事をもっと深く実感でき40代になってからは絶対間違いなく結婚したら苦労しかないだろうって悟ったわけです。

 

 

では私が結婚したら凄く苦労するんだろうと思った部分を具体的に説明します。

 

 

パートナーとずっと仲良くしていく自信がないから

パートナーと仲良くやっていくのが難しい

 

私は友達は欲しいとは思ってるし人と仲良くしたいとも思ってますが、基本的に人付き合いは得意ではありません。

 

なのでずっと一緒にいなくてはいけない結婚相手と何十年も一緒にいて仲良くしていく自信がとてもなかったんですね。

 

 

それにこれはお互いにでしょうけども、どうしても人間って欠点がある生き物ですので、その相手の欠点を受け入れる度量が私にはないんです。

 

 

 

そんな相手の欠点を受け入れられない私みたいな人間が結婚してしまうと、
私は相手の事が嫌いとか苦手になってしまった場合は、

 

相手と距離を置いてしまうタイプなので奥さんとは
家庭内別居状態になってしまうのかなって想像できてしまったわけです。

 

 

そうなってしまうともう一緒にいる意味すらないのかなって思うんですよね。

 

 

子供と仲良くやっていく自信がないから

結婚すると基本的に子供を作る事が多いわけですけども、もし子供ができてもその子供と良い関係を築けるかも自信がないんですね。

 

まだ子供が小さい時でしたら可愛いと思えるかもしれませんが、子供って中学や高校の思春期くらいから扱いが難しくなってくるのかなって思ったんです。

 

 

思春期の子供

 

 

自分が思春期時代を振り返ってみると自分が中学2年生の終わりぐらいから父親の私に対する態度が急変しました。

 

 

明らかに父の私に対する態度がなんだか以前より冷たくなったなあって思ったんです。

 

 

それは私なりに解釈すると思春期に差し掛かった子供である私に対して父はどう接したら良いのかわからなくなってしまって、そういう態度になってしまったのかなって思います。

 

私自身も思春期に差し掛かって体も大きくなり態度自体もきっと以前よりも生意気になってしまっていたのかもしれませんが。

 

 

私は結婚をしたことがないし、子供もいませんけども
それでも自分が結婚して子供ができて子供が思春期に差し掛かってきた時に

 

父親と同じような態度になってしまうんだろうなあってのが
ある時から深く想像できちゃったんです。

 

 

そうなると凄く悩んでしまうんだろうなあって思ったし、思春期に差し掛かった子供を露骨にこちらから避けてしまいそうだなって思ってしまったんです。

 

 

 

まあ世間の父親と子供が皆が皆こうなるとは限らないとは思いますし基本的に小さい頃以外は父親と子供ってそんなにベタベタした関係にはなってないことが多いのではないでしょうか。

 

 

どっちかといえば母親とは思春期であっても大人になってからでも割と何でも話すような関係な人も多い気がします。

 

 

 

義理の親と接するのに疲れそうだから

義親との関係に消耗する

 

結婚する相手の両親がご健在であれば、もれなくその相手の親は自分にとっては義理の親になるわけです。

 

離婚しないかぎりは、義理の両親とは切っても切れない関係になるのではないでしょうか。

 

 

私の考えですと結婚するってことはあくまでパートナーが好きで結婚するのであって、パートナーの親も好きになったり気に入ったからするわけではないと思ってます。

 

はっきり言って義親って他人なんですね。

 

あまり家に来たりとかベタベタしてこない義親だったら良いけども、何かと頻繁に遊びにくる義親だったら嫌だなとか気難しい性格だったら嫌だなとかって色々と考えてしまうわけです。

 

 

義親のこういう細かい部分って基本的に結婚してから判明する事が多いと思うんです。

 

 

結婚前にいくら結婚相手に相手の親の情報を聞きだして大丈夫だと
判断したとしても、それは100%正しい情報とは言えないし、

 

悪い部分があってもパートナーはこちらと結婚したいので
隠してしまってる場合もあるのではないでしょうか。

 

 

たとえこれが物凄く人間ができていて、神様のような義理の両親であっても、私は無理だなって思いますね。

 

性格的に問題がなくて、たまにしか会わないような義親であってもやっぱり気を使うしそういう人間関係って煩わしいって思ってしまうわけです。

 

 

三重苦は辛すぎる

前述した通りで結婚してしまえば、パートナーとの関係、子供との関係、義親との関係という私にとっては三重苦が待ってるわけなんで結婚することってデメリットしかないと感じてしまって40代の今も一度も結婚せずに独身のままなのです。

 

まあもう親はいない人と結婚すれば良いのでは?とか結婚しても子供を作らなければ良いのでは?って思った方もいるとは思いますが、そういう条件に合う人ってなかなかいないのではないでしょうか。

 

もしいたとしても性格的に合うかわからないし、結局結婚までのハードルは高いままな気がします。

 

ほんとは結婚できない理由はまだあるんですが、その事については触れないでおきました(笑)

 


スポンサードリンク