言い訳が多い人の特徴やデメリットや付き合い方

※広告・PRあり

言い訳について

コミュニケーションが密な職場や、友人などとの交流が盛んな場で暮らしていると、ある程度の言い訳は必要かもしれません。しかし、過剰すぎる言い訳は人間関係の悪化やプロジェクトの進行に悪影響を与えることがあります。

 

本記事では、そんな過剰な言い訳をする人の特徴、デメリット、そしてその人との上手な付き合い方について解説します。また、自分自身が過剰な言い訳をしないための方法についても触れますね。

 

もっと円滑なコミュニケーションを図って、より結果を出しやすい環境を作るために、ぜひこの記事をお読みください。

 

言い訳が多い人の特徴とは?

1) 常に他人のせいにする

 

 

言い訳が多い人の最も一般的な特徴の1つは、自分が失敗した場合でも、常に他人や状況のせいにする傾向があることです。彼らは自分自身と現実を直視することを避け、恒久的な問題を引き起こします。

 

 

2) 言葉遊びをする

 

 

言い訳が多い人は、多くの場合、事実から目をそらすために言葉遊びをします。彼らは、自身が誤解されたり、要求レベルが高くて真剣に取り組み不可能だったり、単純化できなかったと言いますよ。

 

 

3) 繰り返しパターン

 

 

よく見られるパターンとして、同じような形式で何度も繰り返される言い訳です。この方法では、すぐに修正される可能性がある問題でも長期間解決策が見つからなくなってしまうことがあります。

 

 

4) 非合理的な期待

 

 

言い訳をつける人々はしばしば無理や非現実的な期待をもちます。彼らは約束したことやせざるを得なかったことを守ることができない場合もあります。

 

 

5) 常に事実関係の提供を拒否する

 

 

言い訳が多い人は、常に事実と真正性を拒否し、その代わりに錯誤や間違いを信じています。これは、何か復讐しようとしている場合や、調査への不信感が基盤にある場合でも見られます。

 

 

6) 前例のない状況

 

 

言い訳が多い人は、予測可能で前例のある状況ではなく、混乱した状況で言い訳をします。これは彼らが何らかの責任を負うことで恐れることがあるためです。

 

 

7) 『全く問題なかった』

 

 

言い訳が多く頻繁に使うフレーズは、「全く問題ありません」です。たとえ問題が明確で極端な場合でも同様です。

 

 

8) 表現の変更

 

 

彼らは具体的な風景や事実を避け、抽象化した言葉や表現を使用する傾向があります。彼らは特定の細部について話す時間よりも抽象的な言葉を使うことにより、実際の問題を避けています。

 

 

9) 自分の行動が「合理的」であると信じている

 

 

また、彼らは常に自分の行動が「合理的」であると信じています。彼らは周囲が彼らの方法を受け入れられなくても、間違いを認めるよりも投げかけます。そして周囲が受け入れてくれないことで心配しなくて済むように、ついつい言い訳をすることになりますよ。

 

 

言い訳が多い人のデメリットとは?

1) 責任回避:言い訳が多い人は、自分自身を責任から逃げるために言い訳をする傾向があります。彼らは問題の根本原因に取り組むことを避け、問題のせいにする傾向があります。

 

 

2) 信頼性低下:誰かが言い訳をすると、他人はその人の言葉に対して疑心暗鬼になる可能性があります。逆に、信頼のある人は誠実で正直な行動の模範となり、他人たちは彼らを信頼しています。

 

 

3) エネルギーの浪費:言い訳をすることで、時間やエネルギーを費やすことがあります。あらかじめ計画し、準備し、結果を出すためのプロセスから逃げることで、生産的な行動から遠ざかってしまいます。

 

 

4) 尊敬を失う:言い訳をしなければならない状況が続くような場合、彼らは同僚や上司の尊敬を失うかもしれません。彼らは正しい行動方針ではなく、自分の都合に合わせた解決策を取るために行動することができます。

 

 

5) コミュニケーションの混乱:言い訳をすることで、事実と誤解が混在し、コミュニケーションが混乱する可能性があります。彼らの意志決定力や自信を揺るがすことにもなりかねません。

 

 

6) 問題解決の欠如:言い訳が多い人は、問題解決に必要な分析的スキルを持っていません。代わりに、誰か他の誰かが彼らに問題を解決してくれることを期待するようになりますよ。

 

 

7) プロダクティブなチャレンジの欠如:言い訳をする人たちは、彼ら自身の成功のために苦労しています。あらゆるチャレンジングな状況から逃げるため、成果やアイデアを出すことが追試されず、大事な成長体験を逃してしまいます。

 

 

8) 社交関係の損失:あえて安易なうそをつき適当屋らしく振舞うような人は社交性も常識観念も低いものとしてあまり信用されない素地があります。相手に不快感を与えたり信用を失うような可能性もあるでしょう。

 

 

9) 窮地に立たされること:言い訳が多い人は、自分の過ちを隠すために他人に責任を転嫁します。しかし、そのようなやり方は長期的には彼らに深刻な問題を生み出すことがあります。結局は突きつけられた壁に行き当たって追い詰められる状況が訪れるかもしれません。

 

 

言い訳が多い人との上手な付き合い方

1) 相手の視点を理解する

 

 

言い訳を多くする人と接することは、まれにイライラすることがあります。しかし、相手の立場や状況を理解しようとすることが大切です。なぜなら、彼らがなぜ言い訳をしているかについて理解できるからです。

 

 

2) 修正策を見つける

 

 

安易に「OK」と言ってしまうと、その行動が繰り返されるかもしれません。代わりに、相手と一緒にその問題の解決策を探すことをお勧めします。相手が言い訳をする原因に対処しなければ、問題は解決されないためです。

 

 

3) ギブ・アンド・テイク

 

 

相手が言い訳をすることであなたが損失を被らない限り、妥協することは重要です。 ただし、話し合いの中で自分自身の意見や感情も表明しましょう。お互いの意見が交換される場合、より良い結論に至る可能性が高くなります。

 

 

4) 穏やかである

 

 

あなたが感情的で怒った反応を示すと、相手も同様の反応を示す場合があります。冷静になり、相手に尋ねることで、より良いコミュニケーションを築くことができます。

 

 

5) 悪意のないことに気を付ける

 

 

言い訳を多くする人は、自分が責任を負っていると感じると、考え方が変わるかもしれません。彼らが自分の行動について何かしらの気づきがあった場合は、肯定的なフィードバックを提供しましょう。それは彼らが次回から同じ過ちを繰り返さないようにするのに役立ちますよ。

 

 

まとめ

この記事では、言い訳が多い人の特徴やデメリット、付き合い方について解説しました。言い訳が多い人は、自分を守ろうとするあまり、周囲に迷惑をかけたりチャンスを逃したりすることがあります。また、信頼性や社交性に欠けるため、人間関係に悪影響を与えることもあります。

 

 

付き合い方としては、相手の言い訳を促さないようにすることが重要です。また、相手の感情や状況を理解し、適度な距離感を保ちながらコミュニケーションを取ることが求められますよ。

 

 

最終的には、自分自身も言い訳をすることがあるかもしれないので、相手を非難せずに対話を進めることが大切です。言い訳をするのは簡単ですが、認めることができる勇気を持ち、改善につなげることが大切です。皆が言い訳をしない社会を目指し、一人ひとりが心がけていきましょう。