トップへ戻る

親子ほどの年の差があっても友達になれるのか?

親子ほどの年の差の友達について

親子ほどの年の差の人と友達関係になる事って結構あるのではないでしょうか。

 

ただし、年齢が近い者同士に比べれば圧倒的に少ないとは思います。

 

でも私の周りには20才以上の年の差があってもすごい仲良しで親友みたいな関係になってる方々が何人もいらっしゃいます。

 

今回はそのような方達を見て感じた親子ほどの年の差の人と友達になれるケースとなれないケースを紹介します。

      目次

 

:親子ほどの年の差の人と友達になれるケース:

 

1、年上の方が対等に接してくれれば友達になれる

 

2、話しててと年の差を感じない事も多い

 

3、上下関係の間柄でなければ友達になれる

 

4、趣味が合えば上手くいく

 

:親子ほどの年の差の人と友達になれないケース:

 

1、上から目線で接していたら上手くいかない

 

まとめ

 

 

年上の方が対等に接してくれれば友達になれる

親子ほどの年の差の人と友達になれるケースの1つ目は、年上の方が対等に接してくれれば友達になれる事が多いです。

 

年下の方からしたら、親子ほどの年上の方と接する場合は最初はやはり堅苦しい敬語で接する事が多いでしょうけども、年上の方の方からフランクに接してくれてかつ敬語使わないでって言われたら、それがきっかけで年の差を感じない対等な接し方になり仲良くなって友達になる事もあるのではないでしょうか。

 

ですので、前述したした通りで年上の人の方から敬語は辞めてねって言う事がまずは大事な部分なのです。

 

そのように言ってくれただけども、年下の方はかなり接しやすくなるし距離をあまり感じなくなってくるのではないでしょうか。

 

 

私なんかもかなり年下の方と仲良くなりたい場合は、敬語使わなくていいからって言う事が多いし、あとは年齢はだいぶ上だけども対等な関係でいようって言う事も多いです。

 

そのような事をしっかりと言うだけでもほんとかなり親しくなれるきっかけになるんですよね。

 

 

話しててと年の差を感じない事も多い

親子ほどの年の差の人と友達になれるケースの2つ目は、話してみたら年の差を感じない事も結構多いのではないでしょうか。

 

まあところどころでジェネレーションギャップみたいな部分は感じる事もあるでしょうけども、親子ほどの年齢差があっても年上の人の方が、言葉遣いや人に対する態度が良い意味で若々しい感じなら若い人から見ても話してて年齢差を感じないことが多いわけです。

 

若く見える人の共通点としても、そのような言葉遣いや人に対する態度が良い意味で若々しい人って当てはまってる事が多いです。

 

言葉遣いや人に対する態度が良い意味で若々しい感じの人って、若い頃と基本的にそのような部分って変わってないのではないでしょうか。

 

ですので若い人とも波長が合うし、友達になれちゃうわけです。

 

 

上下関係の間柄でなければ友達になれる

親子ほどの年の差の人と友達になれるケースの3つ目は、上下関係の間柄でなければ友達になれる事も多いのではないでしょうか。

 

会社の上司だったり、その他にも色々な組織の中で上下関係の間柄だったりすると、親子ほどの年の差にさらにそれらが+されるわけなんで友達になるのって非常に難しいですよね。

 

年の離れた上司とは友達になれない

 

やっぱりどうしても敬語で話さなきゃいけない間柄ですし、常に一定の距離感で付き合っていかなければならない関係ですので。

 

まあ稀に会社の上司であっても、会社内では敬語で話しててしっかりと一定の距離で付き合っていても会社からでてプライベートタイムになったら親子ほど年の差がある上下関係であっても友達のような付き合い方をしてる人達は稀にいたりします。

 

そのような感じになってる場合は、やっぱり上司の方が会社から出れば対等な関係でいるべきだし、敬語も使わなくていいと年下の部下にしっかりと伝えているのではないでしょうか。

 

なんかそういう関係って素敵ですよね。

 

私の周りでもそのような親子ほど年の差があって上司と部下という関係だけどもプライベートで遊ぶ友達になってる方々っているんです。

 

やっぱりプライベートの時は、部下の方は全くその上司に敬語を使ってなくてまるで同期の友達のような関係にすら見えてしまうほどでした。

 

でも話しを聞いたら会社内で上司と部下の関係でお互いに接してるって言ってました。

 

 

趣味が合えば上手くいく

親子ほどの年の差の人と友達になれるケースの4つ目は、趣味が合えば友達としての関係性は成り立つ事が多いです。

 

それに趣味がマッチしていれば、その趣味を純粋に二人で楽しむ事ができるので年の差がどうとかって関係ないしそんな事はどうでもよくなるわけです。

 

親子ほど年の差があっても純粋な趣味仲間になれるわけです。

 

そこには当然上下関係も存在しませんので、趣味が合えば親しくなれて友達にもなれちゃうわけです。

 

 

上から目線で接していたら上手くいかない

親子ほどの年の差の人と友達になれないケースの1つ目は、年上の方が上から目線で接していたら友達としてはなかなか成立しないのではないでしょうか。

 

別に親子ほど年の差をが離れてなくても、自分が年上の場合に年下に対して態度がやや横暴になる人っております。

 

そのような人って自分の方が年上なんだから年下は年上を敬え的な態度をどうしても隠せないわけです。

 

そんな姿勢でいると当然年下からは慕われないだけでなく、友達になる事も難しいのではないでしょうか。

 

皆さんの周りでもこのような自分の方が年上だからって態度を見せる人ってきっと少なからずいるはずです。

 

 

まとめ

:親子ほどの年の差の人と友達になれるケース:

 

1、年上の方の方からフランクに接してくれてかつ敬語使わないでって言ってくれたら、そういう事がきっかけで年の差を感じない対等な接し方になり仲良くなって友達になる事は可能。

 

2、若くなくても言葉遣いや人に対する態度が良い意味で若々しい人なら、相手からしたら話しててあまり年齢差を感じさせないので仲良くなれる事が多い。

 

3、会社の上司だったり、その他にも色々な組織の中で上下関係の間柄とかでもなければ、案外すんなり友達になれる事も多い。

 

4、趣味がマッチしていれば、その趣味を純粋に二人で楽しむ事ができるので年の差がどうとかって関係なくなる。

 

:親子ほどの年の差の人と友達になれないケース:

 

1、自分の方が年上なんだから年下は年上を敬え的な態度をどうしても隠せない人だと親子ほど年の離れてる人とは仲良くなれない。


【シェアする】