トップへ戻る

お花見を堪能し最高にすごく楽しむ方法4選

お花見の楽しみ方について

お花見の楽しみ方は人それぞれで違うと思います。ほんと色んな楽しみ方がありますからね。

 

恋人と行く人もいれば、仲間数人で行く人もいたり、会社の同僚や1人で行く人やご家族で行く人など様々かと思います。

 

まさにお花見の楽しみ方って無限にあるのではないでしょうか。

 

私はどっちかといえば1人で行くことが多いです。1人でちょっとした穴場的な小さい範囲で桜の木が並んでいるようなところを何箇所か知ってるので、そこに毎年1人でフラフラっと行ってるんです。

 

それでは今回は、私が思うお花見をより楽しむ方法を紹介します。

スポンサードリンク

 

 

1人で好きな食べ物を買ってお花見スポット付近で食べる

お花見をより楽しむ方法の1つ目は、何個か自分の好きな食べ物をコンビニなどで購入して、1人ぼっちで花見をしてみてはいかがでしょうか。

 

好きなものをたべる

 

★1人でお花見に行くメリットは?★

 

①1人で自由に行動できる。

 

 

休日とかアフター5などは基本的に1人で過ごしてるような方でしたら、一人ぼっちでお花見に行くのって、苦ではないでしょうしむしろ連れと一緒に行くより気楽だし楽しいのではないでしょうか。

 

それはやはり普段からぼっち行動が習慣になってるからこそ、1人で花見に行く事に対して寂しさみたいなものが全くないわけなんです。

 

 

友達が多いような人やお出掛けは友達と行くのが好きな人だと、花見に1人でいくのって考えられないし寂しいし面白くないと思うんです。

 

このあたりは、ぼっち行動が好きな人とそうでない人とはとにかく行動だけでなく、感じ方も真逆なわけなんです。

 

 

私も実は毎年殆ど1人で花見に行ってます。しかもあんまり人が多くこないような、公園とかにヒッソリと咲いてる木の付近にゴザを敷いて花見を楽しんでるんです。

 

そしてあらかじめ買っておいた私の好きなお菓子とかサンドイッチとかサラダなんかをそこで食べるんです。

 

 

人があまりいないので気が散りませんし、年に1回の事だけども、1人ぼっちで花見をすることって私の中では大事な年に1回のルーティーンになってるわけです。

 

私の場合は、穴場的なところに行ったわけですけども、一人で毎年花見に行く人でも、割と人気の花見スポットに行く方もいるのではないでしょうか。

 

よく見ると若い人は少ないかもしれませんが、1人で花見にきてる中年とか年配者の方って結構いるんですよね。

 

やっぱりああいう方も皆と行動するよりかは、1人行動のほうが気楽だし自由に動けるので好きなんだと思います。

 

 

②1人で好きな場所で買ったものを食べれる。

 

ポテチをたべる

 

コンビニなどで買ってきた弁当だったり、オニギリだったり、サラダだったり、お菓子だったりを花見スポットの近辺で1人で色んな事を考えながら食べるのって気分が良いもんです。

 

連れと一緒に花見をしながら好きなものを食べるってのも有りだとは思いますが、ぼっち行動が好きな人はそれよりも、1人で妄想に耽りながら食べて綺麗な桜を見てるほうが充実するわけなんです。

 

 

ちなみに私が毎回1人ぼっちのお花見で買うものは、サンドッチと板チョコとポテチを買うパターンが多いです。

 

お菓子は、こんな感じで甘いものと塩系の2種類を買えば満足度は高いかと思います。

 

で、それらを食べたあとは、ちょっと眠くなることもあるんで、私は1時間くらいその場でお昼寝することも多いですよ。

 

 

お花見スポットで写真を撮りまくる

お花見をより楽しむ方法の2つ目は、写真を撮りまくるです。

 

★深く考えず直感的に撮る★

 

直感で撮る

 

花見スポットの桜の花を撮るだけでなく、周辺の景色をとにかく撮りまくるのです。

 

私は撮る時はあまり深く考えずにどんどん直感的に撮るようにしてます。

 

そうすると気がつくと100枚くらい撮ってることが多いんです。

 

デジカメを使ってますけども、景色を撮る時ってそれくらい直感的に撮るのがコツなわけなんです。

 

別にプロのカメラマンではないんで、上手に撮ろうとかって深く考える必要はないんです。

 

そうすると100枚撮ったとしたら、何枚か凄く良い出来ばえの写真もあるんで、そういうのを家に帰ってきてからブログとかにアップするか、自分の写真フォルダーに保存しましょう。

 

私は写真ブログをやってるんですけども、それに毎年アップさせてると同時に、写真フォルダーにも全部ではないけども保存しております。

 

 

▼ブログに撮った写真を載せるメリットは?▼

 

ブログに撮った写真をアップする

 

ブログに撮った写真を載せるメリットは何かと良いますと、単純に自己満足的な部分もありますけども、人に見てもらいたいって気持ちも半分くらいあるわけです。

 

ブログに載せれば世界中の人が私の写真を見ることが可能なわけなんで、たとえ1人でも2人でも良いので見てくれる人がいたら嬉しいなあって気持ちがあるからこそ、
ブログに写真を載せてるんです。

 

 

▼より多くの人に写真を見てもらいたいなら?▼

 

できれば沢山の人に写真を見てもらいたいと思ってるなら、割と大手のブログランキングに登録してみてはいかがでしょうか?

 

こういう所に登録しておいて、ブログにランキングバナーやテキストを載せておくと、新着記事として、ブログランキングサイトに載るので、いろんな人に見てもらえるチャンスが広がるのです。

 

 

なのでより効率的にいろんな人に写真を見てもらいたいなら、ブログランキングに登録しましょう。

 

こちらが特にオススメでアクセスが多く来やすいです↓

 

⇒人気ブログランキング

 

 

■どんなカメラを使ったら良いのか?■

 

私は普通のそんなに高くないデジカメを使ってますけども、カメラを持ってないならスマホのカメラ機能を使って撮っても良いのではないでしょうか。

 

より綺麗に撮りたいなら、一眼とかを使ったほうが良いけども、そこまでこだわりがないならデジカメやスマホとかで十分です。

 

 

■撮る時の注意点■

 

花見の時に写真を撮るときの注意点を説明しますが、割と人気の花見スポットだと人が大勢おりますので、なるべく赤の他人は撮らないようにしましょう。

 

万が一撮ってブログなどにアップする時は、モザイク処理などを顔の部分に施すなどの工夫をしてください。

 

まあ一番は最初から絶対に他人を撮らないように気をつければ良いだけですけどね。私はそうしてます。

 

後ろ姿とかなら問題ないでしょう。

 

 

1泊2日で花見を楽しむ

お花見をより楽しむ方法の3つ目は、ゆっくり楽しむために1泊2日の小旅行的な感じで行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

★連休を取れるほうがベスト★

 

1泊する場合ですと、基本的に連休を取れる人のほうが良いかと思います。

 

何故かと言いますと、これが例えば仕事終わってから予約しといた花見スポット近辺のホテルに泊まって翌日にお花見をするってのも別に良いかと思いますが、連休で行ったほうがよりゆとりがでるのではないでしょうか。

 

やっぱり仕事が終わってから行くとバタバタしますからね。1泊2日で行く場合は、連休が取れる場合でしたら、1日目にゆっくりと花見を楽しんだ後に、ホテルに泊まって、翌日は花見以外の周辺スポットに立ち寄りながら帰るとかが良いでしょう。

 

1日目は花見で2日目は、周辺スポットを巡るわけなんで満足度は2倍になります。

 

 

▼その他の良さそうな周辺スポットを調べておく▼

 

行く数日くらい前に、翌日に立ち寄る、花見スポット周辺の良さそうなスポットを調べておくと良いでしょう。

 

調べずに当日に思いつきで決めても良いですし、それはそれで楽しいかもしれませんが、その場合だと迷いが出やすいですし、良さそうなスポットがわからないので楽しさはやや半減しちゃう事が多いのです。

 

それは私も経験済みです。なのでしっかりとリサーチしといて、2~3箇所を翌日に立ち寄ってみましょう。

 

 

■泊まるホテルは1ヶ月前くらいに予約しておく■

 

ホテルはなるべく早く予約しておく

 

人気の花見スポット周辺のホテルですと、花見シーズンは、やっぱり込み合いますので、見頃の時期の1週間か2週間前に予約しようとしても、既に埋まって満室なことが多いのです。

 

やっぱりホテルに泊まるような人ですと観光客が多いかと思います。なので見頃の時期は花見スポット周辺のホテルは空いてる所はあまりないので稼ぎ時なわけなんです。

 

だからこそ花見を予定日の1ヶ月前にはホテルを予約しときましょう。

 

まあ車で行く場合でしたら、花見スポットからそんなに近い場所のホテルでなくても良いですけども、そのような場所のホテルをチョイスするにしても、念には念を入れて、1ヶ月前くらいに予約しといたほうが良いです。

 

 

▼予算的には大体いくら必要か?▼

 

ホテル代が大体5000~1万円くらいを見といたほうが良いでしょう。飲食費は1泊2日ですと5000円くらいあれば余裕を持てると思います。

 

あとはお土産代とかは3000円ほどあれば十分です。

 

車で行く場合はガソリン代として5000円くらいは見といたほうが余裕を持てると思います。まあ家からの距離に寄って変わってきますけどね。

 

バスや電車で行く場合は距離によって料金が違ってくるので、どれくらいかかるかは判断できません。

 

 

私の場合ですと泊まるホテルは4000~5000円くらいの範囲で決めるようにしてます。これくらいで泊まれるホテルってあまり高級な所ではなくて、普通のビジネスホテルなんですけどね。

 

その程度のところで十分なんです。連れがいる場合だとシングルルームではないんでもうちょっと高くなりますが、連れとは部屋を別々にする場合でしたらシングルに泊まれますけどね。

 

 

■当日花見スポットで強めの雨が降ってる場合は?■

 

花見の日に強めの雨が降ってる場合は

 

1人で行く場合と想定して説明しますが、例えば花見スポットが近場だった場合に当日に強めの雨が降っていたら、花見スポットも雨であることがわかりますけども、ちょっと家から離れているような花見スポットの場合は、予報では雨になってるけども、実際にどうなの?ってことも多いかと思います。

 

その場合は、パソコン画面ですとヤフーのトップページを開いて、左側あたりにある天気ってところをクリックします。

 

そして上部のほうに検索するスペースがあるので、そこに花見スポットのある地名を入力するとその付近の天気予報がでてきますが、今現在のリアルタイムの天気を知りたい場合は、「○○市の今の天気はどうですか? 」ってところ見てみましょう。

 

ここの部分は、我々のような一般人の方々が今の天気をクリックできるようになってるんで、その近辺にお住みの方が今の天気を教えてくれるようになってるんです。

 

ぜひ利用してみてください。

 

こんな感じの表示になってるところです↓
リアルタイム天気

 

 

で、強めの雨が降ってると確認できたら、どうすれば良いかと良いますと、日帰りの場合は当然中止にしますが、この場合は1泊2日で行くので、もし翌日に晴れるという予報になっているならば、予定をちょっと変えて、1日目は周辺スポットを巡り、2日目にお花見をすれば良いのではないでしょうか。

 

 

で、2日目も強い雨の予報の場合はどうしたら良いかと言いますと、その場合は中止にしてホテルの予約をキャンセルしても良いですが、あえて賭けに出てみるってのも手だと思います。

 

天気予報ってのは必ずしも当たるわけではないですし、強めの雨が降ると予想してても、当日は晴れだったり、小雨だったり、曇っているけれど、雨は全く降らないことってのも多いので、そういうのを半分期待して、折角ホテルも予約したし1つの賭けに出るってのも面白いのではないでしょうか。

 

 

もしその賭けにでて2日目も強めの雨だった場合を想定して、2日目に巡る周辺スポットもチョイスしとくのです。

 

花見をゆっくりできないのは残念だけども、その分を他のスポットを巡ることで自分自身を納得させるのです。

 

 

▼連れがいる場合は?▼

 

①2人で行く予定のケース。

 

 

恋人とか友達でも良いですけども、2人で花見に行く場合に前述したように花見スポットが強めの雨が降ってる場合でしたら、相手にどうしたら良いか聞いてみましょう。そこで連れが行くのを中止にしようと言ったら、中心にすれば良いかと思います。

 

やっぱり中止にしたいという連れの意見を尊重させたほうが、絶対良いわけです。無理矢理連れていくと関係性が悪化しかねませんし。

 

で、こちらに任せると言ってくれたら、決行すれば良いのではないでしょうか。

 

前述した通りで、1日目も2日目も強めの雨が降ったとしても、その分を周辺スポット巡りをするわけなんで、それでも十分連れは満足してくれますし。

 

 

 

②3~5人くらいで行く予定のケース。

 

 

この場合ですと、多数決で決めるという方法があります。

 

で、多い意見のほうを取り入れていけば良いと思いがちですが、ちょっと問題がでてきます。

 

それは3人とか5人で行く場合は、自分の意見を入れない場合に、意見が分れることがあります。

 

例えば、行きたい人が1人で行きたくない人が1人だったり、行きたい人が2人で行きたくない人が2人という同数になった場合です。

 

この場合ですと自分の意見をどっちかにすれば良いと思いがちですけども、真っ二つに分かれているので、どっちの意見を尊重するか答えを出せなかったりします。

 

 

この場合は、行きたい人だけを連れて行けば良いのではないでしょうか。行きたくない人には悪いけども、行きたい人との中立を保つためには、行きたい人だけを連れて決行するほうが間違いないかなって私は思うんです。

 

行きたくない人は行けなくなるわけですけども、きっと納得してくれるはずです。

 

 

 

 

恋人未満の女性と花見に行く

お花見をより楽しむ方法の4つ目は、友達以上恋人未満の女性を誘うことです。

 

それなりにその女性とは親しくて、何度も2人でデートを重ねていて、その女性の事を好きだという想定で話を進めていきます。

 

★花見に恋人未満の女性を連れていくメリットは★

 

花見に友達以上恋人未満の大好きな女性を連れて行くことで、お付き合いできる可能性を一気に高めることができるのです。

 

やっぱり花見に連れて行ってくれたってことは、女性からすると嬉しいですし、より相手の男性への好感度がアップするからです。

 

そういう行事を大事にしてくれて、自分の事を考えてこういうデートをチョイスしてくれたのだと女性は受け止めてくれますし、この人とならお付き合いしても良いかなって前以上に思ってくれるのではないでしょうか。

 

 

なので現在狙ってる女性がいて、その女性と既に何度もデートをしているならば、お花見デートにぜひ誘ってみてください。

 

 

■お花見デートに連れていかないほうが良い女性のタイプは?■

 

友達以上恋人未満な関係の大好きな女性であっても、あまりにも人ごみが苦手なタイプの女性であれば、人気の花見スポットに行くと、人ごみにさらされるんで、すごいストレスを感じてしまって楽しんでくれませんし、早く帰りたいと思うわけなんで逆効果です。

 

普段のデートである映画とか食事にいく程度のものでしたら、このタイプの女性は全然問題ないですけども、やはり人気花見スポットですと、物凄く人でごった返すのは
嫌なわけです。

 

 

このような女性を無理にそのような花見デートに誘ったら、関係性が発展するどころではなくて、逆に後退してしまうわけです。

 

なので事前に人ごみが苦手かそうでないかをしっかり聞いて掌握しておきましょう。

 

このタイプの女性は花火大会とかも絶対連れていってはダメです。

 

 

▼お花見デートで告白するのも有りか?▼

 

友達以上恋人未満の大好きな女性に花見デートで思い切って告白をしたいと考えてる方も多いかと思います。

 

で、それは有りかどうかを言えば、どっちでも良いです(笑)

 

それは成功率80%くらいの段階で花見デートで告白するの記事でも説明してますけども、友達以上恋人未満の関係まで発展していれば、どのタイミングであっても基本的に成功率が高いからです。

 

なので無理に急いで花見デートで告白をする必要性はないのです。そのような関係性の場合は、ゆっくり愛を育てていったほうが良いとも言えますし、デートを重ねれば重ねるほど、告白成功率は更にそれに比例して上がっていきます。

 

でもあまりにも時間をかけすぎてもいけません。

 

例えば、告白する場合でしたら、デートを10回も20回も重ねてからする必要性はないです。

 

遅くても7~8回くらいまでのデートまでに告白をしたほうが良いです。

 

 

あまりに告白を先延ばしにすると、相手の女性から貴方は、ただの1人の男友達とみなされてしまって、その間に他の男に告白されて、そっちと付き合ってしまい、自分とは疎遠にされてしまう恐れがあるからです。

 

 

だからこそ変に告白をあまりにも先延ばしにしないほうが良いですし、友達関係が変に定着しちゃう前に告白しちゃいましょう。

 

 

★告白関連のオススメ記事はこちら↓

 

⇒愛の告白の成功率を上げるアップさせる方法

 

 

ただし、告白をしないで好きな女性に好意を伝える方法もあります。それは、告白をハッキリと言ってないけども、お付き合いしてると同じような感じに持っていくのです。

 

例えば、付き合ってとはストレートには言わないまでも「好きだよ」って頻繁に好きな女性に言ってあげたり、「○○のこういうところが大好きだわ」って感じで言ってあげるのも良いかと思います。

 

 

そして、日頃の感謝や相手を褒める言葉が書かれた手紙を渡したり、気の利いたプレゼントを贈ったりすれば、相手の女性だって、自分のことが好きなんだなって気付いてくれるので、ズバリ付き合ってと言わなくても大丈夫なんです。

 

で、そのうち女性は聞いてくるはずです。「私達って付き合ってるの?」ってね。
その時は「そうだよ」って答えれば良いのです。

 

 

まとめ

:自分で好きなものを買って食べて、1人で自由に動けるぼっちの花見は、ぼっち行動が好きな人なら十分楽しめる。

 

:花見スポットやその周辺の写真を撮りまくってブログに載せる。

 

:1人で1泊2日で花見に行く場合は、雨が降ってない時なら2日目に花見をする。雨が強く降ってる時は、1日目と2日目とも、花見を中止にして、周辺スポットを巡りををする。

 

:人ごみが苦手ではない友達以上恋人未満の女性を花見に誘うことにより、貴方のその女性からの好感度をもっともっと上げることができて、お付き合いに一歩近づく