トップへ戻る

社会人の正月休みの過ごし方で有意義なおすすめな事5つ

社会人の正月休みの過ごし方などについて

※2018年12月27日:情報更新しました。

 

社会人の正月休みの過ごし方についてですけども、まずは社会人でも職種によっては年末から正月休みを取れない人もおりますけども、それでも半分以上の会社員やOLさんや公務員さんは正月休みをしっかりと取れているのではないでしょうか。

 

正月休み期間にどのように過ごすのも人それぞれですし、どのように正月を過ごすとかの過ごし方を友達や知り合いや職場の同僚に聞いたりすることもあるのではないでしょうか。

 

やっぱりそういうのって気になりますよね。

 

社会人の皆の正月休みの過ごし方を参考にして自分の正月の過ごし方を考える方って多いのではないでしょうか。

 

それでは今回は社会人の正月休みの過ごし方を5つほど紹介します。

 

 

社会人の正月休みの過ごし方として実家で長く過ごす

独身社会人の正月休みは実家で過ごす

 

社会人の正月休みの過ごし方の1つ目は、これはよくあるパターンではあるけども、社会人になってからも実家暮らしをされてる人は正月休みに実家にずっといるのは普通ですけども、実家からかなり結構遠い場所で1人暮らしをしている会社員さんやOLさんなら正月休み期間に帰省して休みが終わる前の日くらいまでずっと実家で過ごされる方って多いのではないでしょうか。

 

1人暮らしをしているけれど、実家から目と鼻の距離と言えるくらいに近くに住んでる場合だと、案外正月休みに実家に帰って過ごさない方も多い印象があります。
帰ったとしても1日か2日間だけ泊まって帰るパターンが多いのではないでしょうか。

 

実家が近くだと普段から実家に頻繁行ったり泊まることもあるわけなんで、正月休みだからってずっといる必要性もないですからね。

 

でも上記のような実家から遠くに住んでいて、大型連休時くらいしか実家に帰れない社会人にとっては正月休みはご両親とかと過ごせる数少ない時間なわけなんで実家で過ごす事を優先される方が多い印象があります。

 

ちなみに正月休みが一番長い社会人さんですと、8~10日くらいは取れるのではないでしょうか。

 

それくらい休みがあればほんと心にもゆとりが持てますよね。

 

実家にも帰省しやすいでしょうし。

 

★実家に帰省関連のその他の必見記事はこちら↓

 

⇒実家に帰省する

 

 

正月の過ごし方として友達や恋人と海外旅行に出かける

社会人の正月休みの過ごし方の2つ目は、正月休みを沢山取れる人でしたら、友達や恋人と海外旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。

 

社会人の正月の休みに友達と海外旅行に行く

 

お金に余裕がある人でしたら、毎年のように海外に遊びに行かれてる方もいると思いますし、私の周りでもそういう社会人の友達や知り合いって何名もおります。

 

やっぱり正月って冬で寒いわけなんで、暖かい場所をチョイスしているんです。例えば、グアムやハワイとかです。

 

ある程度お金と休みに余裕があるならば、このように海外で正月休みを満喫するのって有意義な過ごし方だなって思います。

 

1年のスタートに海外旅行を満喫すれば、その1年を頑張れる活力みたいなものをちょっとだけでも得られるのではないでしょうか。

 

 

溜まっていた録画番組を見る

社会人の正月休みの過ごし方の3つ目は、普段忙しく働いていると、どうしても録画しているドラマやバラエティー番組を見る時間が無くて録画番組が溜まってきちゃう社会人の方って多いかと思います。

 

休日に見るという方法もあるけども、休日は昼くらいまで寝てる方も多いので、すぐに夕方になってしまう事も多いですし、起きてからも部屋の掃除や友達や恋人と会う時間を優先する場合が多いので録画している番組を見れる時間と余裕がなかったりするわけなんです。

 

でも正月休みって心も体も余裕があるし十分な時間もあるわけなんで、それらの録画したテレビ番組を消化しやすいですし、その正月休みを利用して溜まっていた録画番組を全て見ることも可能になってくるわけです。

 

 

国内の温泉地に旅行に行く

社会人の正月休みの過ごし方の4つ目は、正月期間は1月なわけなんでまさに真冬ですけども、温泉にゆっくりと浸かりたいと考えてる方も多いのではないでしょうか。

 

そういう時は、この正月休みを利用して、温泉地に行って2泊3日くらいの期間、温泉を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

社会人の正月の休みに温泉地に旅行に行く

 

やっぱりどうせなら素晴らしい露天風呂がある旅館やホテルを利用なさるほうが良いです。

 

露天風呂といっても色々あるでしょうけども、物凄く広い露天風呂もあれば、こじんまりとしてるけども、雰囲気が良かったり、外の景色が素晴らしい露天風呂があったり、客室内の露天風呂などもありますよね。

 

どのような露天風呂のあるところを選ぶかはほんと人それぞれで好みがかなり分かれる部分なのではないでしょうか。

 

:冬の露天風呂の楽しさって外は寒いけども、湯の中は暖かいという2つの大きなコントラストを一気に楽しめる点ではないでしょうか。

 

しかも景色を見ながら堪能できるわけなんで尚更楽しいわけなんです。

 

この正月期間はかなり人気がある時期なんで、2週間前からとかだと既に予約で一杯になってるホテルや旅館が殆どですので、予約はできれば1ヶ月以上前にはしておいたほうが確実かと思います。

 

正月休みを利用して露天風呂を堪能する

 

★温泉旅行の良さを解説しているこちらの記事も参考になさってみてください↓

 

⇒温泉旅行

 

 

冬のボーナスで得たお金で買いたいものを買う

社会人の正月休みの過ごし方の5つ目は、冬のボーナスをもらえて、欲しいものがあるけども仕事が忙しくてなかなか買いにいけなかった場合は、正月休みを利用して購入なさってはいかがでしょうか。

 

まあ今はネットとかで物は買えるんでネットで購入すれば家にいながらでも買い物はできますけども、ものによっては店頭で触ってから判断したほうが良いものがありますし、そうでもないものであっても、やっぱり自分の目でしっかり見て触ってからでないと購入したくない人も多いわけです。

 

店までいけば店員さんにじっくり質問もできるメリットもありますしわからない事や疑問に思ったこともその場で聞けますからね。

 

 

読書期間にする

社会人の正月休みの過ごし方の6つ目は、読書が趣味な人でしたら、正月休み期間に10冊くらいはまとめて読んでみることに挑戦してみてがいかがでしょうか?

 

例えば正月休みが5日間でしたら1日2冊読んでも良いですし8日休みがあるならば1日1冊を目標にしたって良いでしょう。

 

:短い期間にこれだけ読めるってやっぱり正月休みなどの大型連休くらいしかありませんので、読書がとにかく大好きならば本をまとめ買いしといて正月に一気に読むのってとても有意義な過ごし方だなって思うんです。

 

購入の仕方ですけども、古本ばかりであれば、10冊購入したとしてもかなり安く済みますし、なかなかお店に行く時間がないなら、ネットでそれらの古本を購入なさっても良いのではないでしょうか。

 

ちなみに私の場合ですとかなり近所に古本屋さんがあるのでそこで買うことが多いです。

 

ネットで買う場合もあるけども、その古本屋さんに目的の本がなかった場合だけネットを利用して購入しております。

 

正月休みを利用してまとめて本を読む

 

★読書の楽しみ方を解説しているこちらの記事もご覧ください↓

 

⇒一度読んだ本を何度も読み返す

 

 

社会人の正月休みの過ごし方まとめ

:殆どの日を実家で過ごす。

 

:暖かい気候の海外へ旅行にいく。

 

:たまりに溜まった録画している番組を一気に消化する。

 

:素晴らしい露天風呂があるところに旅行に行く。

 

:冬のボーナスを使って一番欲しかったものを買いに行く。

 

:1日1冊か1日2冊の本を読む読書期間にする。

 


【シェアする】