トップへ戻る

自転車でお出かけするメリットや良い点

自転車でお出かけするメリットなどについて

自転車でお出かけする事が好きな人や、車を持ってないので必然的に自転車に乗る機会の方が多い方もいるでしょう。

 

私もその1人であります。

 

近場でのちょっとした買い物や用事では、ほぼ毎回自転車を利用しております。

 

自転車でそのようにお出かけしていると、様々なメリットがある事がわかりました。

 

まあ普段から自転車でお出かけしている方なら、私に言われなくとも自転車でお出かけするメリットはわかってるかもしれませんが、今回は私が感じた自転車でお出かけするメリット良さ楽しさなどを紹介します。

 

 

歩くよりは疲れない

自転車なら歩くよりかは疲れない

 

自転車でお出かけするメリット良さの1つ目は、これは当たり前ですけども歩くよりかは遥かに疲れません。

 

特に夏場とかに歩いたら20分くらいかかるような場所にあるスーパーに、歩いて買い物に行くと結構体力を消耗しますけども自転車だと10分もかからずに到着するしある程度風にも当たるので歩くよりかは、まだ涼しさを感じられるのではないでしょうか。

 

当然それに比例して歩くよりかは全然楽なわけです。

 

より疲れない自転車の乗り方

 

では、より疲れない自転車の乗り方を紹介します。

 

まず自転車を漕ぐ時は、身体全体の力を抜いた方が体力の消耗を大幅に抑える事ができるので、結果的に疲れ度合も少なくなります。

 

特に自転車を漕ぐ脚の力を抜いてあくまで遠心力だけで漕ぐような感じにするといいでしょう。

 

あとは下りを走る時は、自転車を漕がない方がより体力の消耗を抑えられます。

 

下りの場合は緩やかな下りを除いては、勝手に自転車が動くわけなんで漕ぐ必要がないわけです。

 

そういう下りでも漕いでしまうと無駄なエネルギーを消費してしまうのでオススメしません。

 

あと向かい風の時は結構自転車を漕ぐのがキツくて体力を消耗しがちですけども、向かい風の時も出来るだけ脚の力をあまり入れずにゆったりした気分で漕いでください。

 

向かい風だとスピードが落ちてしまいますけども、そんな事は気にせずに急がない事です。

 

 

キツい登りの時は、自転車から降りて自転車を押して登った方がいいです。

 

自転車を押して歩く

 

その方が疲れないし体力の消耗を抑える事ができますので。

 

あとは自転車に乗る前はちょっとだけでも準備運動をした方がよりスムーズに走れるし、筋肉痛などにもなりにくいです。

 

 

歩くよりは体の負担が少ない

自転車でお出かけするメリット良さの2つ目は、1つ目で触れたような単に歩くより疲れないってだけでなくて、自転車だと歩くよりは体の負担が少ないのです。

 

歩く場合だとやっぱり関節などにそれなりに負担がかかるので長時間歩くと脚の色んな部分が痛くなったりしますけども、自転車の場合は長時間乗っても関節などは痛めませんし、せいぜいちょっと筋肉痛になるくらいで済むのです。

 

そういう事からも歩くよりも全然身体への負担は少ないと言えるのです。

 

 

歩くよりはかなり早く目的地に到着する

自転車でお出かけするメリット良さの3つ目は、上記で既にちょっと触れてますけども、自転車だと歩くよりもかなり早く目的地に着く点です。

 

目的地に歩くより早く着くかつ、前述した通りで歩くよりかは疲れないのです。

 

特にお腹が空いてて、身体もちょっと疲れてるなあって時は歩いて20分くらいかかるようなスーパーまで買い物に行くのは億劫だと感じたりしますけども自転車だと早く行けるしあまり疲れないわけなんで、そのようなお腹が空いてて身体が疲れてる時でも億劫になることなく買いにいけるのではないでしょうか。

 

 

自転車は良い運動になる

自転車でお出かけするメリット良さの4つ目は、自転車は結構良い運動になるんです。

 

まあ私に言われなくてもそんな事わかってる人が殆どかもしれませんが、歩くよりかは前述した通りで身体への負担が少ないかつ、それでいて凄くいい運動になるのでオススメできるんです。

 

何分くらい自転車に乗るのがいいのか?

 

20分~30分くらいが一番心地良い疲れ程度ですのでそれくらい乗れば、まあまあ良い運動になってると言えるでしょう。

 

例えば、スーパーまで片道自転車で大体10分ならば往復で20分になりますし、それくらい乗るだけでも十分だと私は思います。

 

まあ余裕がある時なら、もっと長い時間乗っていいですけども。

 

例えば10分で着くスーパーに行って買い物を終えた帰りはかなり遠回りして帰って合計で40分~1時間くらい乗るようにしてもいいでしょう。

 

このあたりは自分の身体や気分と相談しながら決めればいいのではないでしょうか。

 

 

歩くよりもかなり遠くまで行ける

自転車でお出かけするメリット良さの5つ目は、歩くよりもかなり遠くまで行ける点です。

 

歩きの場合だとそんなに遠くまでは、身体の疲れを考えるとなかなか行けないのではないでしょうか。

 

行けたとしてもたま~にしか基本的には無理ですよね?

 

でも自転車であれば、歩けばとても億劫になっていけそうにない距離の場所まで行けるのです。

 

そういう意味では歩くよりかは行動範囲が広がるのでオススメできるんです。

 

じゃあ車を持ってない人なら、バスに乗ってちょっとだけ遠くにいけばいいのでは?って思う方もいるでしょう。

 

確かにバスとかの方が楽かもしれませんが、基本的にバスの場合だと決められた道しか走ることができないというデメリットがあるのです。

 

それに比べて自転車は自分のさじ加減で好きな場所に自由に行けるというメリットがあるのではないでしょうか。

 

バスに乗れば余計なお金もかかってしまいますし、バスってなかなか時間通りにこないので待つのも疲れる事がありますよね。

 

 

ノーパンク自転車を選ぶ

今現在自転車を持ってなくてこれからまた買おうと考えているならば、ノーパンク自転車を購入してみてはいかがでしょうか。

 

普通のタイヤの自転車だと空気を気にしなくちゃいけませんし、パンクする事もあるけどもノーパンクタイヤの自転車ならばそのような事を気にしなくても良いし長い目で見てもパンクしない分だけ余計な出費がないわけなんでオススメできるんです。

 

普通のタイヤの自転車よりかはまだ多少割高ですけども、最初の頃に比べたら価格はやや下がってきてる印象がありますのでぜひ購入なさってみてください。

 


(楽天市場)

 

 

まとめ

:歩くより疲れないし、夏場でも風に沢山当たれる分だけ涼しく感じられる。

 

:歩きと違って脚関節を痛める心配もない自転車は体への負担が少ない。

 

:歩くよりも楽に早く目的地に行けるので、身体の調子が少々悪くても自転車なら行けちゃう。

 

:自転車は20分くらい乗るだけでもかなりいい運動になる。

 

:歩くよりも自転車ならかなり遠くまで行けるし、その分だけ行動範囲が広がる。


【シェアする】