トップへ戻る

人の良いところを見つける癖をつけるようにしよう

人のいいところを見つける癖について

人のいいところを見つける癖についてですけども、人のいいところを見つける癖がついていて人を褒めるのが上手な人っておりますよね。

 

そういう人を見てると自分もそうなりたいと感じた方っているのではないでしょうか。

 

そのような人のいいところを見つける癖がついてる人って、それだけ人の良い部分ばかりが目に入るようになってるわけです。

 

それでは今回は、人のいいところを見つける癖がつくことのメリットを書きます。

 

 

人のいいところを見つける癖がつけば嫌われなくなる

人のいいところを見つける癖がつくことのメリットの1つ目は、あまり嫌われなくなるのです。

 

当たり前ですけども、人のいいところを見つける癖がついてる人って言うのは人の短所よりも長所ばかりを無意識に探し見つける事に長けているので、人のいいところを見つけたらそれを本人にも伝えることが多いですし、褒められたほうはやっぱり凄く嬉しくなるのではないでしょうか。

 

そうなると褒めてくれる人に対して好意的な感情が芽生えるわけです。

 

1回だけでなくて、何度も何度も自分の色んな部分を褒めてくれる人の事がやがて凄く好きになっていくのです。

 

このような人のいいところを見つける癖がついてる人は、極端に言えば知り合った周りの全ての人の長所を見つけて褒めまくっているので皆に好かれているのです。

 

ですので嫌われる事ってほぼないのではないでしょうか。

 

当然このタイプは、相手の欠点を指摘したりもしませんし、人を責めたりも殆どしませんので集団の中では周りを明るくする人だったりする事も多いのではないでしょうか。

 

 

人のいいところを見つける癖が身につく事は、デメリットは全くないですし人に好かれたいと思っているなら、人のいいところを見つける癖を身に付けて素直に人を褒められる人になるようになりましょう。

 

 

自分の心の栄養分にもなる

褒めると心の栄養分になる

 

人のいいところを見つける癖がつくことのメリットの2つ目は、自分の心の栄養分にもなるのです。

 

何故かと言いますと、人のいいところを見つけて褒めるわけですので、褒める言葉って凄く前向きな言葉をチョイスしてるわけですし、相手に言うだけでなく言ってる自分自身にもその前向きな言葉を言ってるのと同じ状態になるので人を褒めると自分自身もとても気分が良くなってくるのです。

 

そのように人を褒める事で自分も良い気分になるって事は、自分の心に養分を与えている事になるわけです。

 

ですので、どんどん人を褒めていくようにしましょう。

 

褒める事で自分自身の心のエネルギーが蓄えられていくわけですからね。

 

人を褒める事で心のエネルギーが蓄えられると、前向きな気持ちになれたり疲れていても疲れが抜けてきたり、頭がとても冴えてくる事も多いのです。

 

あと頭の中が混乱していて悪い思考に支配されている時でも、人のいいところを見つけて褒める事で、悪い思考がリセットされる事も多いです。

 

 

友達が増えていく

人のいいところを見つける癖がつくことのメリットの3つ目は、友達が増えていくのです。

 

1つ目で書きましたが、人のいいところを見つける癖がつくことで人を褒めるようになると、人に好かれるようになります。

 

その結果として友達が増えていくのです。

 

実際、友達が多い人の特徴にこのような人のいいところを見つける癖がついて褒めまくってるのが当てはまってる事が多い印象があります。

 

ですので、とにかく新しく人と知り合ったらどんな部分でもいいので2つでも3つでも褒めていきましょう。

 

褒めれば褒めるほど、相手は良い気分になるしこちらに対して好感を持つしもっと仲良くなりたいなあって思わせる事ができますので。

 

 

人のいいところを見つけられるようになるには?

人のいいところを見つけられるようになるにはどうしたらいいのかを説明します。

 

紙に書き復唱する

 

紙に書いて復唱する事で潜在意識に届き、無意識レベルで人のいいところを早い段階でに見つけられるようになってきます。

 

なんて紙に書けばいいかですけども「人の長所を見つけて褒める」と書いてもいいでしょうし「自分は人のいいところを見つけるのが上手」って感じで自分に暗示をかけるような文章にしてもいいでしょう。

 

そしてそのように書いたら紙を何度も何度も復唱するのです。

 

もちろん100回復唱したからって1日か2日ではそうはなれませんので、もっと長いスパンで考えてください。

 

3ヶ月後くらいに人のいいところを見つける癖がついてる自分になれてればいいと考えてるのです。

 

紙に書いた事を復唱するペースですけども、2日に1回は最低でもしたほうがいいでしょう。

 

1回に読む回数は5~10回くらいでもいいです。

 

それを3ヶ月繰り返せば絶対とは言えませんけども、人のいいところを見つける癖がついてる可能性は大です。

 

 

まとめ

:人のいいところを見つける癖がついてる人は、極端に言えば知り合った周りの全ての人の長所を見つけて褒めまくっているので皆に好かれている。

 

:人を褒める事で心のエネルギーが蓄えられると、前向きな気持ちになれたり疲れていても疲れが抜けてきたり、頭がとても冴えてくる事も多い。

 

:褒めれば褒めるほど、相手は良い気分になるしこちらに対して好感を持つしもっと仲良くなりたいなあって思わせる事ができる。


【シェアする】